自動車保険 選び方

自動車保険の一括見積サイトの比較サイトです。 自動車保険の一括見積サイトの比較サイトです。

任意保険はゼッタイ入らなきゃダメ!

最近、お金がないのか、自分は事故を起こさないとでも思っているのか、
任意保険に加入していない方が増えています(特に二輪)。

 

強制保険(自賠責保険)は、対人保険しかなく、しかも上限が120万円
だということを知らないのでしょうか?(後遺障害の場合は別)

 

もし、追突事故なんか起こしてしまった場合、車の損害は全部自腹ですし、
怪我をしていたら、自賠責保険は示談代行サービスがないので、自分で
治療費を払って、後で自賠責保険に申請することになります。基本的に
交通事故の場合は自由診療ですから、治療費が1ヶ月で何万円もします。
地区によっては、20万円を超えるところもあります。
被害者がいい人でもない限り立替なんかしてくれないでしょうし、病院も
待ってはくれませんから、その場で払わなければならないのです。
そして、治療は、3〜6ヶ月、長い時には1年もかかったりします。

 

おまけに、休業補償やら通院交通費やら慰謝料も払う必要があるのです。
これだけの大金を払えるくらいなら、任意保険に入っていた方が、
ずっと安上がりです。示談の代行もしてくれますから、面倒もありません。

 

「俺、事故なんか起こさないから」と自信満々のあなた。交通事故が
全国で何百万件起こっているかご存知ですか?怪我のある事故だけで
100万件以上、怪我のない事故(単独事故も含む)は、あまりに多過ぎて
警察庁でも統計を取っていません。それぐらい頻繁に起きるものなのです。

 

また、走行中であれば、加害者が100%悪い事故というのは、信号無視と
センターラインオーバーぐらいなもので、大抵の場合、被害者であっても
過失を取られます。任意保険に入っていなければ、過失分は自腹という
ことになってしまいます(自分で交渉要)。

 

◎過失分の支払い
◎示談代行サービス

 

この2点だけでも、任意保険に入っておくべきです。

どんな保険に入ればいいの?

自動車保険には、いろいろ種類はありますが、
対人保険、対物保険は無制限で入っておきましょう。
昔は1億円程度しか入っていなかったり、対物保険200万円
なんていう加入者もいましたが、後遺障害の1級ともなれば
1億円を超えてきますし、対物保険も超高級車や精密機械などは
何百万、何千万とします。
保険料もほとんど変わりませんし、是非無制限でご加入ください。

 

次に車両保険ですが、これも入っておいた方がいいでしょう。
特に全損の場合、相手方損保は、時価額を決まりきった額
(レッドブックという時価額の本があります)でしか言ってきません。
ちゃんと買い直せるように、適正な額で加入しておきましょう。
それに、過失で揉めて相手が修理代金を払ってくれない場合、
車両保険が付いていれば、そちらで先に払ってくれますから、
愛車が早く手元に戻ってきます。

 

あとは、人身傷害保険には入っておくことをお勧めします。
これは、自分用の対人保険みたいなもので、たとえ100%
自分が悪い事故でも、怪我をしたら、治療費や休業補償
慰謝料(精神的損害といいます)を払ってくれる保険です。
また、相手が無保険でも、同じように保障してくれます。
更に、自分に過失が合って、示談のときに過失相殺されて
しまった場合、過失分を補填してくれる役割も果たしてくれます。

 

これだけ入っておけば、まず大丈夫だと思います。
各保険会社でいろいろな特約が付いていますが、それに
ついては各自好みの問題ですので、ご予算と相談して
決めるといいでしょう。

 

代理店型損保とダイレクト型損保

いきなり専門用語でもうしわけありませんが、損害保険会社には
代理店に契約を取ってきてもらう「代理店型損保」と、代理店を
持たず、テレビCMなどで契約を募る「ダイレクト型損保」の
2種類があります。
簡単に言ってしまえば、昔からある損保は代理店型、最近
テレビでよく見かける会社はダイレクト型と区別していいでしょう。

 

どちらも一長一短なので、どちらに加入するかはよくご検討ください。
◎代理店型

  • 代理店が親身になって相談に乗ってくれる
  • もっと親身だと事故現場まで来てくれる
  • 怪我の対応と車の対応を別々の人がやる(専門性が違うので)
  • 保険料が高い

◎ダイレクト型

  • 保険料が安い
  • 専任担当者と銘打って、1人で怪我も車も対応する(人件費削減の為)
  • 相手方へも、自分のところにも面談には来てくれない

一括見積の利点

代理店型の場合、通常は1社、多くても2・3社程度の商品の中から
見積を取ることになります。
これに対して、インターネットの一括見積は、10社以上の商品の中から
選ぶことが出来ます。特約は会社の数分だけ多いですし、ダイレクト型
損保も入っていますから、保険料が安くて済みます。

『保険の窓口 インズウェブ』

 

 

↓ここをクリック!↓

自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1111ポイント 

 

楽天 自動車保険一括見積もり 期間限定!楽天スーパーポイント最大1,111ポイントプレゼント!プレゼントがもらえる!無料&カンタン!まとめてカンタン一括比較!自動車保険が安くなる?!いまのあなたにぴったりの自動車保険を探そう♪

↓ここをクリック!↓

e自動車保険.com 

無料_自動車保険一括見積もり

 

自動車保険の比較をして、自分に合った保険会社を選ぶのも賢い選択です。ネットで自動車保険に関係する必要な質問に答えるだけで、最大17社からの見積りを受け取ることができます。利用料はもちろん無料です。じっくり比較ができて、保険料も安くなると人気のある保険選びの方法です。悩んでしまう方へオススメの方法です。

無料_自動車保険一括見積もり

 保険スクエアbang!                                                                                         

 

 「保険スクエアbang! 自動車保険」は、15年以上にわたり300万人以上に利用されている、安心の自動車保険見積もりサイト。自動車保険の見直しをサポートする便利な機能が満載なので、上手に使って自分にぴったりの自動車保険を選びましょう。

 

「保険スクエアbang! 自動車保険」には、「リアルタイム一括見積もり」という機能があります。見積もり条件を入力してすぐに、Web上で各保険会社の見積もり結果を確認できる機能です。

入力は「最短5分」!つまり、5分後にはあなたの保険料の試算結果を知ることができるのです。

 

見積もり予約機能

自動車保険の満期日がずいぶん先の場合も、見積もりに必要な情報を入力しておくだけで、満期日まで60日の時点で、自動的に見積もりを完了してくれる便利な機能です。

 

満期日お知らせメール

自動車保険の満期日が近づいたときに保険更新のお知らせをご案内したり、保険の最新情報をお届けするサービスです。うっかり更新忘れにならないためにも、ぜひご登録ください。